WEB MAGAZINE

『明日 わたしは柿の木にのぼる』のさまざまな活用法

2020.04.17

『明日 わたしは柿の木にのぼる』について

女性のデリケートゾーンケアブランドとして生まれた『明日 わたしは柿の木にのぼる』。経皮吸収率は腕の内側の約42倍といわれるほど、デリケートゾーンは繊細なパーツです。だからこそ私たちは、製品開発の段階から肌への優しさを追求する必要がありました。製品には優れた消臭・抗菌効果を発揮する柿の果皮から抽出したカキ果皮エキスやカキ果皮水をはじめ、抗菌作用の高いティツリーや消臭作用のあるチャ乾留液など厳選した植物由来成分を配合。石油系界面活性剤、防腐剤、鉱物油といったカラダに負担のかかる成分はもちろん使用しておりません。ゆえにそれは、カラダのさまざまなパーツにも安心して使えることを意味しています。そこで今回は『明日 わたしは柿の木にのぼる』のラインナップの多様な使い方をご紹介します。

 

優れた消臭・抗菌効果を発揮するカキタンニンのパワー

 

はじめに『明日 わたしは柿の木にのぼる』の全製品に配合しているカキ果皮エキスやカキ果皮水についてお伝えさせてください。カキ果皮エキスやカキ果皮水には、「カキタンニン」という物質が豊富に含まれています。カキタンニンは悪臭成分の分子を吸着することでニオイを消す消臭作用が広く知られていますが、近年の研究によると「インフルエンザやノロウイルスといったさまざまなウイルスを不活性化させる」という結果が報告されています。さらに優れた抗酸化作用を示すため、アンチエイジング機能も期待できるとか。カキタンニンの恵みを享受して誕生した『明日 わたしは柿の木にのぼる』を、暮らしの中の多様なシーンでお役立ていただけましたら幸いです。

 

 

外出先でも手軽に消臭・抗菌

「フェミニン ミスト」

 

ムレやニオイがこもりやすいデリケートゾーンの不快感をクリアにしながら、配合した保湿成分によって肌にうるおいを与えます。ホーリーバジルやローズマリーなどの爽やかな香りが漂うスプレータイプのミスト。ご自宅での使用はもちろん、お出かけの際にも持ち運びがしやすいコンパクトなサイズ感です。

 

<こんなパーツやシーンにも使えます>

▼マスクの外側に

マスクに直接シュッとスプレー。爽やかな香りで口元もリフレッシュできます。

 

▼赤ちゃんのオムツ交換時に

気になるオムツ替えの際のニオイ。新しいオムツをつける前にお尻や局部にひと吹きすれば、ニオイ対策と同時に肌の保湿ケアも行えます。

 

メイク直しの前に

外出先でのメイク直しには、ミスト化粧水としても活躍します。お化粧の上から顔全体に吹きかけて、浮いた皮脂をティッシュで優しく抑えてください。乾燥をケアしながら、ベースメイクのヨレを防ぎます。

 

加齢臭のデオドラントとして

頭皮、耳の周辺、首の後ろ、胸元、脇、背中など、年齢を重ねた方特有のニオイが気になる場所へスプレーしてください。さっぱりした使い心地なので、汗ばんで火照った肌もクールダウンしてくれます。

 

<USERS’ VOICE>

「これ1本でデリケートゾーンケアや化粧直しに使えるので、ポーチの必須アイテムになっています」(30代・女性)

 

「娘にニオイを指摘されて心配になったので、加齢臭のエチケットとして使っています」(40代・男性)

 

「ネイルサロンで仕事をしているため、マスクの装着は1日中。長時間つけているため、どうしてもニオイがこもってしまっていました。マスクにひと吹きすると、ハーブ系の香りがとても心地よく、抗菌性もあるということでとても気に入っています」(20代・女性)

 

 

多様に使える万能アイテム

「フェミニン オイル」

 

洗浄後のデリケートゾーンはしっかり保湿することが大切です。「フェミニン オイル」は肌への浸透性が高いオイルタイプのため、乾燥を防ぎながらきちんと保湿。カラダの最も繊細なパーツをケアするアイテムなので、特にシンプルな処方にこだわりました。オイルなのにベタつかない、肌馴染みのよいテクスチャーも特徴です。柚子やクロモジの日本的な香りが心も癒してくれますよ。

 

<こんなパーツやシーンにも使えます>

▼会陰マッサージに

肌を柔らかく保つ効果があるため、妊娠されている方の会陰マッサージや乳頭ケアにも最適です。産後のケアにもご使用ください。

 

▼赤ちゃんのスキンケアに

顔からボディまで、カラダのあらゆるパーツを乾燥から守ります。とても敏感な赤ちゃんの肌にも優しい成分でつくっているため、安心してご使用いただけます。

 

▼ヘアオイルとして

濡れた髪をドライヤーで乾かす前に「フェミニン オイル」をつけることで、キューティクルを保護しながら髪にツヤを与えます。またスタイリング剤として使用すれば、束感のあるしっとりした仕上がりに。

 

▼メイク前の保湿に

メイク前のスキンケアの最終仕上げとして顔全体に薄く塗れば、メイク後のしっとり感が持続。ベタつかない質感なので、ファンデーションが浮くこともありません。

 

<USERS’ VOICE>

「爪周りや指先のケアアイテムとしても愛用しています。ベタつかないので、すぐにPC作業などを行えるのがいいですね」(30代・女性)

 

「性行痛に悩んでいたのですが、パートナーに塗ってもらうようになってから、痛みが改善されました。肌に優しい成分なので、安心して使用できます」(50代・女性)

 

「オフィスや飛行機の機内の中、疲れた時や気分をリフレッシュしたい時などに、耳の裏に少量を塗っています。穏やかな香りに癒されます」(30代・男性)

 

「化粧水の前に使うブースターとして使っています。オイルは化粧水の浸透をよくしてくれるので、日々のスキンケアに欠かせません。ケミカルな成分を配合していないオイルを探していたので、『フェミニン オイル』に出会えてよかったです」(40代・女性)

 

 

弱酸性の泡ソープで優しく洗う

「フェミニン ウォッシュ」

 

一般的なボディソープは洗浄力が強すぎるため、デリケートゾーンを洗うのはNG。それによって肌に必要な常在菌や皮脂膜まで失われてしまい、かゆみやニオイの原因になることもあります。「フェミニン ウォッシュ」はデリケートゾーンのpH値(3.8〜4.5)を踏まえた、低刺激の弱酸性ソープ。きめ細やかな泡がデリケートゾーンに溜まった汚れを包み込み、うるおいを残しながらさっぱりと洗い上げます。ゆったりとしたバスタイムを演出する柑橘系の香り。

 

<こんなパーツやシーンにも使えます>

 ▼洗顔ソープとして

保湿力の高い低刺激のソープのため、肌に余分な負担をかけることなく洗い上げます。洗顔後のつっぱり感もなく、しっとりした仕上がりに。油分を取りすぎないため、乾燥肌でお悩みの方に向いています。

 

▼ベビーソープとして

一般的なボディソープや石鹸は添加物が多く刺激が強いため、赤ちゃんの肌に合わないものもあります。「フェミニン ウォッシュ」は敏感な赤ちゃんの肌にも優しい成分でつくっているので、安心して全身にご使用いただけます。なめらかな泡立ちのため、「泡」を触って楽しみ、自分でカラダを洗うことを覚えるお子さまもいらっしゃいます。子どもも嫌がらない柑橘系のほのかな香りにですので、ぜひ親子で「フェミニン ウォッシュ」をお使いいただき、素敵なバスタイムをお楽しみください。

 

▼ハンドソープとして

ポンプをプッシュすると泡状のソープが出てくるため、石鹸を泡立てる手間が不要。きめ細やかな泡が手のひらや指の間、爪の周りまでいき届くため、お子さまでもしっかり洗えます。肌に優しい保湿成分が手荒れからも守ってくれますよ。

 

<USERS’ VOICE>

「出産後のケアに使用しました。泡がとても滑らかなので、デリケートゾーンもシミることなく、すっきり洗浄できて気持ちがよかったです」(20代・女性)

 

「乳幼児がいるのですが、髪の毛から顔、カラダまで、すべて『フェミニン ウォッシュ』で洗っています。お風呂では子どもが暴れるため、まるで戦場のよう。色々なアイテムを分けて使うことが難しいので、親子で一緒のソープを使い、全身洗えるのは嬉しいです。ほんの束の間ですが、ほのかな香りにも癒されます」(30代・女性)

 

「いろいろな洗顔ソープを試しましたが、乾燥肌のため何を使っても洗顔後につっぱってしまって……。『フェミニン ウォッシュ』で顔を洗うようになってから、肌が柔らかくなってきた気がします」(30代・女性)

 

 

保湿しながら脇や足のニオイ対策

「フェミニン ミルク」

 

汗をかきやすい脇、靴の中でムレた足、どちらも1年を通じてニオイが気になるパーツです。「フェミニン ミルク」は、消臭効果と保湿効果の両方を兼ね備えているため、スキンケア感覚でニオイ対策が行えます。伸びのよいサラリとした質感。イランイランの華やかな香りがほのかに漂います。

 

<こんなパーツやシーンにも使えます>

▼頭皮のニオイ対策に

汗と皮脂が混じり合って発生する頭皮のニオイ。きちんと洗髪をしていても、汗をかきやすい夏場などはなおのことニオイが気になってしまいます。そんな時は「フェミニン ミルク」を両手のひらに広げ、髪の根元からかきあげるように頭皮全体へ塗ってください。頭皮に優しく馴染みながらニオイを消し去り、ベタつくこともありません。

▼加齢臭のデオドラントとして

頭皮、耳の周辺、首の後ろ、胸元、脇、背中など、年齢を重ねた方特有のニオイが気になる場所へ塗ってください。予防的な使用も、外出先での使用も、どちらもおすすめです。

▼人前で靴を脱ぐ前に

友人宅への訪問やお座敷での食事など、思いがけず靴を脱がなければならない場面で焦ってしまうことはありませんか? 慌てずにお化粧室をお借りして足全体に塗布してくださいね。

▼フレグランス代わりに

首元や手首に塗れば、さりげなく優雅な香りを纏えます。香水が苦手な方のフレグランス代わりとして。

 

<USERS’ VOICE>

「1日中営業周りをして強烈なニオイを放っていた足でも、『フェミニン ミルク』を付けたらスッと臭気が収まりました。靴を脱がなければならない夜の会食の前などに、こっそり塗っています」(30代・男性)

 

「頭皮のニオイ予防を兼ねたスタイリング剤として使っています。髪も自然な感じにまとまりますし、風が吹くたびにふんわりいい香りがするので、人に会うのが楽しみになりました」(40代・女性)

 

「敏感肌のため、脇にデオドラントスプレーを使うとかゆみが出たり、乾燥がひどくなってしまっていたんです。『フェミニン ミルク』は植物由来成分でつくっているということで購入しました。トラブルが起きることもなく、肌の調子も良好です。保湿をしながら消臭してくれるのがいいですね」(30代・女性)

 

みなさまからのお便りをお待ちしています

『明日 わたしは柿の木にのぼる』へのご意見、ご感想、「こんな使い方をしています」といった活用法など、みなさまのお声をお聞かせください。

 

E-Mail : info@hito-bito.jp

 

※お寄せいただいた内容は、個人情報に留意しつつ、WEB MAGAZINEなどでご紹介させていただく場合がございます。

※お寄せいただいたご意見などは、ご返答をお約束するものではございませんこと、あらかじめご了承ください。

PAGE TOP